肥満から生じる様々な疾病|30歳を過ぎたら真剣に痩せないとマズいです。

若いころは肥満=病気になりやすいというイメージはあまりないかもしれませんが、普通の人に比べるとかなり病気のリスクが高くなると言われているのです。

確かに若いころは少しぐらい太っていても「ダイエットしなきゃ~」程度の考えしかないかもしれませんが、30歳を過ぎると色々な病気になりやすいので肥満は病気という医師もいるくらいです。

肥満が原因の疾病として知られているのが、高脂血症や高血圧、糖尿病や心臓病、そして女性として大きな悩みになりかねない不妊症も肥満が原因のことがあるので、若いころからの体重管理はとても大切なのです。若い人でも肥満の人は突然死の可能性もありとても怖いものなのです。

肥満になると動くたびに心臓や血管に負担がかかり、全身に血液を届けるのにもかなりの負担がかかると言われています。それに加えてすぐに疲れてしまうため動くことも面倒になり、適度な運動すらしない人が多いようです。

また、体重が重いと膝や腰にかかる負担が大きいため、けがをしやすく良いことは一つもありません!

最近は肥満=自己管理ができない人というレッテルを貼られることも多く、就職活動や仕事面でも不利になることがあると言われています。

肥満を解消するだけで防げる病気がたくさんあるのに、食べたいものを好きなだけ食べるような生活を送っていると痩せるはずがありません。自分だけではなく友人や家族のためにも正しい食生活と適度な運動を心がけ病気にならない体を手に入れましょう!