肥満から生じる様々な疾病|30歳を過ぎたら真剣に痩せないとマズいです。

若いころは肥満=病気になりやすいというイメージはあまりないかもしれませんが、普通の人に比べるとかなり病気のリスクが高くなると言われているのです。

確かに若いころは少しぐらい太っていても「ダイエットしなきゃ~」程度の考えしかないかもしれませんが、30歳を過ぎると色々な病気になりやすいので肥満は病気という医師もいるくらいです。

肥満が原因の疾病として知られているのが、高脂血症や高血圧、糖尿病や心臓病、そして女性として大きな悩みになりかねない不妊症も肥満が原因のことがあるので、若いころからの体重管理はとても大切なのです。若い人でも肥満の人は突然死の可能性もありとても怖いものなのです。

肥満になると動くたびに心臓や血管に負担がかかり、全身に血液を届けるのにもかなりの負担がかかると言われています。それに加えてすぐに疲れてしまうため動くことも面倒になり、適度な運動すらしない人が多いようです。

また、体重が重いと膝や腰にかかる負担が大きいため、けがをしやすく良いことは一つもありません!

最近は肥満=自己管理ができない人というレッテルを貼られることも多く、就職活動や仕事面でも不利になることがあると言われています。

肥満を解消するだけで防げる病気がたくさんあるのに、食べたいものを好きなだけ食べるような生活を送っていると痩せるはずがありません。自分だけではなく友人や家族のためにも正しい食生活と適度な運動を心がけ病気にならない体を手に入れましょう!

あなたが痩せない原因は骨盤の歪みから来ているかもしれません。骨盤の歪みとダイエットについて

何をしても痩せないと言う人がいますが、確かに年齢を重ねるとなかなか痩せにくくなるのは確かで、基礎代謝の低下が大きな原因だと言われています。

でも、最近は痩せない理由はそれだけではなく長年の生活習慣や姿勢によって骨盤が歪んでしまったことが痩せない原因になっている人が多いということがわかってしました。

骨盤は妊娠出産によってゆがんだり開いた状態になってしまうと思われていますが、それだけではなく足を組んだり姿勢が悪いと徐々に骨盤が歪んでしまい、特に下半身が太くなってしまうそうです。

それでは、なぜ骨盤のゆがみが痩せない原因になってしまうのでしょうか?

骨盤は本来左右対称になっているのですが、そのバランスが崩れることによって血流が悪くなり、当然リンパの流れも滞り代謝が悪くなってしまうのです。また、骨盤が開いていると内臓が下に下がってしまい働きが悪くなることも痩せない理由と言われています。

骨盤が歪んでしまうと、痩せにくいだけではなくお尻が大きくなってしまし、体重は以前と変わらないのに明らかに今まで履いていたジーンズが入らないなんてことになってしまうのです。

食事や運動で体重を落とすことはできますが、開いた骨盤を戻すことはできず下半身痩せや基礎代謝の良い体を手に入れることはとても難しいことになってしまうのです。

痩せたい人は、まずは自分の骨盤が歪んでいないか確認し、正しい位置に戻すことが理想の体型への近道なのかもしれません。